塗香の使い方


塗香とは体温により仄かに香りがする粉末状のお香です。
塗香入という入れ物があり、それに入れると持ち運びもしやすいです。



塗香と塗香入一式です。
今回のは桜の木で作った塗香入れです。



こんな風に上側の大きな蓋が開いて、側面の小さな穴から塗香を出して使うという物です。



まず中に塗香を入れて蓋をします。



使用するときは、左手に微量を取ります。
振ると側面の穴から塗香がでてきます。



そしてそれを両手、手首に塗り込みます。



塗りこまれると、粉末は目立たなくなります。



まず掌、手首に塗り込んで、あとは首筋に塗ったりするという清めのお香です。

塗ると体温により、変化した香りが仄かにに楽しめます。

カテゴリーから探す

コンテンツ

モバイルショップ