5/1発売 シルク・ドゥ・ソレイユで世界を体験した谷口博教氏監修 【MAKKO(抹香)】 レトロモダンな香り

抹香とは、仏教の古来使用されていた粉末のお香です。
お寺で頻繁に使用されていた為、仏教的やお説教くさいことを、抹香臭いと呼ばれるようにもなりました。
また、マッコウクジラも漢字表記では抹香鯨となり、龍涎香というお香の原料がマッコウクジラの体内から採れることにより抹香という名前にもなりました。
抹香は様々な歴史がある粉末のお香です。
粉末なので時間調整がしやすいことと、広範囲でも香りが広がるので、ジム、スタジオ、ホテル等でも使用できる初めてのお香として、谷口博教氏の監修のもと香り等を調整して開発しました。
戦国時代には、汗臭い兜などにお香を焚き染めることにより、香りを消すことと、興奮する気持ちを静める為に使用していました。
空間に着いた汗の香りは取れにくいですが、一瞬で香りが変わります。

内容 50g 付属スプーン付き
付属スプーン摺り切りで燃焼時間約15分
50gで約24時間燃焼
お部屋等の狭い空間ではスプーンの四分の一
お部屋利用では約400回分

使用上の注意
必ず香炉の灰の上でご使用ください。
食べ物ではありません。
燃焼部分は高温となりますので火傷にご注意下さい

谷口博教氏
日本体育大学を卒業後、シルク・ドゥ・ソレイユにトランポリンアーティストとして参加。
翌年から作品「オーヴォ」で、日本人初の主役に抜擢される。
退団後は京都でエルカススポーツクラブを開設し【楽しく身体を動かす】をテーマに体操教室を行う
販売価格 4,320円(内税)

カテゴリーから探す

コンテンツ

モバイルショップ